実務者研修の教員の要件は?

Q.ご相談
実務者研修の教員の要件について、指針等を読んでもよくわからないのですが。

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

確かに、指針等では読みにくいので、以下のとおり教員要件をまとめてみました。教員配置の参考にしてみてください。

教員・講師

実務者研修の教員として配置するためには、下記のような要件を満たさなければなりません。

要件を満たさないことが後でわかった場合、慌てて別の教員を探すか、開講自体を延期、または諦める必要が出てくるかもしれません。

そうならないよう、最初に要件を満たす教員を配置できるかどうかを、きちんと確認しておきましょう。

■実務者研修の教員要件

教員
要件
教務に関する主任者
次のいずれかの要件を満たし、かつ、実務者研修教員講習会等の修了者。
①介護福祉士の資格取得後5年以上の実務経験を有する者
②介護に関する科目を教授する資格を有する者であって、以下のいずれかに該当すること。
ア)大学等の教授、准教授、助教または講師
イ)養成施設、福祉系高校(一般高校)での教歴3年以上の者
ウ)福祉系高校(特例高校)、実務者研修での教歴5年以上の者
専任教員
教育する内容について、相当の学識経験を有する者または実践的な能力を有する者
介護過程Ⅲ
次のいずれかの要件を満たし、かつ、実務者研修教員講習会等の修了者。
①介護福祉士の資格取得後5年以上の実務経験を有する者
②介護に関する科目を教授する資格を有する者であって、以下のいずれかに該当すること。
ア)大学等の教授、准教授、助教または講師
イ)養成施設、福祉系高校(一般高校)での教歴3年以上の者
ウ)福祉系高校(特例高校)、実務者研修での教歴5年以上の者
医療的ケア
看護師等の資格取得後5年以上の実務経験を有する者で、かつ、医療的ケア教員講習会等を修了していること等

教務に関する主任者や介護過程Ⅲ・医療的ケアを担当する教員については、実務者研修教員講習会や医療的ケア教員講習会の修了が求められていますが、下記の講習会修了者でもよいことになっています。

■実務者研修、医療的ケア教員講習会「以外」の講習会

教員
講習会の種類
教務に関する主任者
・介護教員講習会
介護過程Ⅲ
・介護教員講習会
・実習指導者講習会
・主任指導者養成講習会
・指導者養成講習会
医療的ケア
・介護職員によるたんの吸引等の試行事業または研修事業(不特定多数の者を対象とした者に限る)における指導者講習会

実務者研修を開講したいけれど、要件を満たす教員を配置できるかどうかわからないという法人様は、弊所をご利用ください。

岩本へ無料相談してみる

教員の数は?

昼間課程夜間課程については、受講生の数に応じ、専任教員として配置すべき教員の数が変わってきます。

通信課程は、この規定の対象外となりますので、1人以上の専任教員を配置すれば問題ありません。

■専任教員として配置すべき教員の数(昼間課程・夜間課程)

生徒の総定員
専任教員数
80人まで
3人
81人から200人まで
3+(生徒の総定員-80)÷40
201人以上
6+(生徒の総定員-200)÷50

仮に、昼間課程を定員30人、4クラスで行う場合、年間総定員は120人になりますので、専任教員を4人配置しないといけないということになります。

専任教員として配置すべき教員の数が確保できないため、定員を減らしたりクラスを減らしたりする必要が出てくるかもしれません。

そのため、最初に要件を満たす教員をきちんと配置できるかどうかをまずご確認ください。

弊所で実務者研修の申請手続きを代行させて頂く場合、まず、配置予定の教員の職歴や資格、実務経験をきちんと確認した上で、定員や実施する課程(昼間・通信等)、定員数についてアドバイスさせて頂いておりますので、この点でお困りの法人様は弊所にご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ