実務者研修に免除科目はある?

Q.ご相談
ヘルパー2級や基礎研修修了者でも450時間履修しなければならないのでしょうか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

ヘルパー2級や基礎研修修了者などが実務者研修を受講する場合、450時間のうち、一部の科目の履修が免除されます。

現場の職員

実務者研修は無資格者でも受講できますが、介護福祉士を受験する際の必須研修となりますので、ヘルパー2級等の有資格者が受講することも多くあります。

無資格者は450時間、すべての科目を履修する必要がありますが、有資格者は一部の科目の履修を免除されます。

その他、地域の団体等で実施されている研修(=地域研修)であって、一定の内容・質、時間数が担保されているものを修了した場合には、実務者研修の実施者(=学校)の判断により、科目単位での履修を認めることができます。

履修認定の対象となる地域研修の要件は、下記のとおりです。

  • 履修認定の対象となる内容の時間数は履修認定科目の時間数以上であること。
  • 実務者研修カリキュラムにおける「教育に含むべき事項」が含まれていること。
  • 到達目標に到達していることを評価すること。

この地域研修で履修を認定をするということはあまりないと思うので、一般的には、ヘルパー2級や介護職員基礎研修等の有資格者の科目免除がほとんどになると思います。

各有資格者の免除科目は?

訪問介護員養成研修、介護職員基礎研修等の修了者における免除科目は以下のとおりです。

有資格
履修認定科目(=免除科目)
介護職員基礎研修
医療的ケア以外すべて
訪問介護員研修1級
介護過程Ⅲ、医療的ケア以外すべて
訪問介護員研修2級
・人間の尊厳と自立
・社会の理解Ⅰ
・介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
・生活支援技術Ⅰ
・生活支援技術Ⅱ
・介護過程Ⅰ
・こころとからだのしくみⅠ
介護職員初任者研修
・人間の尊厳と自立
・社会の理解Ⅰ
・介護の基本Ⅰ
・生活支援技術Ⅰ
・生活支援技術Ⅱ
・介護過程Ⅰ
認知症の理解Ⅰ
障害の理解Ⅰ
・こころとからだのしくみⅠ
訪問介護員研修3級
・人間の尊厳と自立
・社会の理解Ⅰ
・生活支援技術Ⅰ
(*)ヘルパー2級と初任者研修では一部免除科目が異なりますのでご注意ください。

このように、一定の研修を修了した方については、450時間すべての科目を履修する必要はありません。

受講生がどのような研修を修了しているかによって受講料収入の見込み額が変わってきますので、どの層をターゲットにするかを最初に決めておく必要があります。

弊所で実務者研修の指定申請をお手伝いさせて頂く際は、受講生の有資格者の割合等をもとに収支予算書を作成させて頂いておりますので、申請手続きでお困りの方は弊所にご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ