実務者研修とは?

Q.ご相談
実務者研修とは新しい資格ですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

実務者研修は、介護福祉士の資格を取得する際に義務付けられる研修で、平成28年度からこの実務者研修を修了しなければ受験できなくなります。

今後、ますます高齢化が進むと見込まれる中で、介護の仕事に従事する人材を確保するとともに、介護サービスの質の確保・向上を図ることが重要な課題となっています。

介護福祉士の資質向上を図る観点から、一定の教育課程を経た後に国家試験を受験する形に資格取得方法を一元化することになり、3年以上の実務経験に加え、一定の研修修了を義務付けることになりました。

これが、「実務者研修」です。

介護スタッフ

今後は、

初任者研修修了者(=ホームヘルパー2級)

介護福祉士

認定介護福祉士(仮称)

をキャリアパスの基本とし、「介護職員基礎研修」は実務者研修に一本化されることになりました。

実務者研修は、働きながらでも研修を受講できるよう、研修時間は無資格者で450時間となっていますが、過去にヘルパー2級や基礎研修を受講し、修了している場合は、一部の科目が免除されます。

また、実務者研修は、現在介護職に就きながら受講することも想定し、昼間課程、夜間課程(いずれも座学での受講)のほかに通信課程(通信形式で受講)を設けることができます。

ただし、介護過程Ⅲ・医療的ケア(演習)については、スクーリング形式(=通学)で行うことになっています。

現在、介護関連の講座を開講している法人様、または、複数の施設を保有し、人材不足に悩む社会福祉法人様などは、実務者研修の指定を受け、開講の準備を進めておかれてはいかがでしょうか?

実務者研修開講のおすすめ

この実務者研修を実施するには、設置計画書、指定申請書等を提出し、都道府県等の指定を受けなければなりません。

実務者研修は、開講の9ヶ月前に設置計画書を、開講の3ヶ月前に指定申請書を提出しなければなりませんので、指定を受けるまでの準備期間を含むと、開講までに1年程度の時間が必要となります。

実務者研修の指定申請手続きは弊所でお手伝いすることができますので、早く指定を受けて講座を開講としたいという法人様は、弊所に一度ご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ