初めてご連絡頂く法人様へ

Q.ご相談
貴所に依頼したいと思っているのですが、まずはどうすればいいですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.行政書士・特定社会保険労務士岩本の回答

直接ご依頼頂いてもいいのですが、まずは無料電話相談をご利用頂ければと思います。

初めてのお客様へ

実務者研修の指定申請代行サービスをご依頼頂くにあたり、どのように弊所にコンタクトを取り、どのような手順で依頼すればいいのか、わかりにくいと思います。

そこで、弊所への最初のお問い合わせ等からご依頼までの一般的な流れを紹介させて頂きます。

■まずは相談したいという法人様

ご相談については、無料相談(30分間の予約制電話相談)、有料相談(メール、対面相談)をご用意しております。

相談方法(無料電話相談・有料(メール・対面)相談)、ご希望の日時(3つ程度)をメールにてご連絡ください。

折り返し、弊所からご相談の日時をご連絡致します。

なお、有料相談をご利用頂いた後、申請手続きをご依頼頂いた場合、お預かりした相談料は報酬の内金として処理させて頂きます。

無料電話相談をご希望の場合は以下のボタンをクリックしてください。

岩本へ無料相談してみる

面談相談(有料)をご希望の場合は以下のボタンをクリックしてください。

有料相談のお申込み

■すぐに依頼したいという法人様

すぐに依頼したいという法人様は、連絡先、依頼内容等をメール、電話にてご連絡ください。

最初にお見積りをご提示させて頂きますが、お費用を算出する上でお聞きしたい事項を少しヒアリングさせて頂きます。

弊所よりお見積りをご提示し、ご納得頂いた場合は正式なご依頼として受託させて頂きます。

つきまして、最初のコンタクトですぐに依頼とはなりませんので、ご安心ください。

サービス内容・お費用にご納得頂いた後で正式な依頼として受託させて頂きます

お申込みはこちら

■依頼後の流れ

御社でご用意頂きたい書類等をご連絡致します。

特に、指定要件となっている教員の配置等については、最初の段階できちんと要件を満たしているかどうか確認させて頂きます。

その後は、適宜打ち合わせ等やヒヤリングを行い、順次申請書類を作成していきます。

対面での打ち合わせやヒアリング等が難しい場合は、電話やメールで行いますのでご安心ください。

書類の押印や申請書類の確認のについても、押印前に内容をご確認頂き、問題ないと確認出来てから押印を頂きます。

法人様が申請内容を把握しないまま、弊所が勝手に申請をすることはありませんのでご安心ください。

都道府県へは郵送で申請させて頂きますので、全国どこからでもご依頼頂くことができます

実務者研修の申請をご依頼頂くにあたり、これ以外にわかりにくい点、不安な点があれば遠慮なくお問い合わせ、ご質問ください。

サービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ