弊所にご依頼頂くメリットとは?

ご縁があって弊所にご依頼頂いたお客様からお聞きした「弊所をお選び頂いた理由」をご紹介したいと思います。

ご依頼頂く際の参考にして頂ければ幸いです。

金メダル「実績がある、申請経験が豊富」

インターネットで検索された方ならご存知かもしれませんが、実務者研修の申請代行サービスを提供するホームページはおそらく弊所しかありません。

もちろん、他の事務所がまったく業として取り組んでいないわけではないと思うのですが、弊所はこのホームページにより法人様からお問い合わせを頂き、ご依頼を頂いております。

つまり、今までお付き合いのある法人様から頼まれて実務者研修の指定申請をしているわけではなく、すべて新規の法人様から実務者研修の申請のご依頼を頂いております。

その理由は、ほとんどが「実績があるから」「申請経験が豊富そうだから」「他に依頼できそうなところが見つからなかった」です。

他の指定申請、許認可手続きに比べ、はるかにわかりにくい実務者研修の指定申請手続き。

弊所は、さまざまな法人様の申請経験を踏まえ、事務員の方、担当者の方の負担を軽減し、ご希望の開講日から研修が実施できるよう、サポートさせて頂きます。

なお、弊所は大阪に事務所がありますが、申請は郵送で出来ますので、メールをお使いであれば日本全国どこからでもご依頼頂けます。

銀メダル「明瞭会計、総額表示で費用の不安がない」

弊所が提示する報酬額は、交通費や通信費込みの総額で算出していますので、後から追加費用が発生するということはありません。

仮に、ご準備に時間がかかり、手続きに時間がかかった場合でも、報酬額を追加することはありません。

サービスの範囲、報酬はきちんと手続き前に見積もりをご提示し、ご納得頂いてから正式依頼とさせて頂いていますので、お費用でトラブルになることはありません。

最低限の報酬にして後から追加費用がかかるということもありません。

お客様の一番の不安といってもいいであろう「お費用」の不安を払拭し、安心してご依頼頂けるようわかりやすく総額表示とさせて頂いていることをご好評頂いております。

銅メダル「役所の言いなりにはならない」

もちろん、役所と「喧嘩をする」わけではありません。

ただ、役所の言い分を鵜呑みにしてただ従うだけではなく、納得できないことがあれば相手(役所)の言い分を聞いた上で、こちら(法人)の言い分もきちんと主張します

その上で、問題の解決案を模索します。

実際に、実務者研修の申請でも、指針等に記載していないことについて厚生局(旧管轄)からいろいろ指導、要求がありましたが、法人様の考え、意向をお聞きし、それらをまとめて提示し、何とか法人様の意向を反映した形で決着することができました。

行政書士として、行政手続きに精通しているからこそ、きちんとした「主張」ができると自負しております。

ただ実務者研修の指定が下りれば良いということではなく、トラブルなく、かつ、スムーズに手続きができる専門家をお探しのお客様は、お気軽に弊所にご連絡ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ