実務者研修の通信課程と通学課程は同時にできますか?

Q.ご相談
通信課程と通学課程は同時にできますか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

同時に実施することは可能ですが、必要な教員数が異なりますし、申請は通信・通学それぞれ申請しなければなりませんのでご注意ください。

教員

実務者研修は、昼間課程・夜間課程(通学形式)、通信課程(2科目のみ通学形式、他は通信)のいずれかで実施することができます。

夜間課程はそう多くはありませんので、実質的には通信課程のみ、または、昼間課程と通信課程を実施する場合がほとんどではないかと思います。

そこで、どちらも行いたいと思われる法人様もいらっしゃいますが、専任教員の配置が可能であれば両方実施することができます。

というのも、通信課程は最低1人以上の専任教員を置くことになっていますが、通学課程は、年間の受講者数に応じて配置すべき専任教員の数が変わってきます。

通学課程の専任教員数は以下のように基準が定められています。

■専任教員の数(通学課程の場合)

生徒の総定員
専任教員数
80人まで
3人
81人から200人まで
3+(生徒の総定員-80)÷40
201人以上
6+(生徒の総定員-200)÷50

仮に、昼間課程を定員30人、4クラスで行う場合、年間総定員は120人になりますので、専任教員を4人配置しないといけないということになります。

専任教員を4人配置するというのはなかなかハードルが高いので、それらをクリアできそうな場合は通学課程・通信課程の2課程を同時に実施することはできると思います。

なお、両課程を実施できる場合であっても、通学課程と通信課程は「別課程」となりますので、申請書はそれぞれ作成し、提出しなければなりません。

2課程同時に開催したいけれど教員の配置がわかりにくい、書類作成が大変そう…という場合は、ぜひ弊所をご利用ください。

岩本へ無料相談してみる

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ