実務者研修の教員の実務経験証明書は必要ですか?

Q.ご相談
実務経験証明書は必要ですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

申請書の添付書類として出す必要はありませんので、教員予定者が勤務する施設等が発行する「実務経験証明書」をもらって頂く必要はありません。

経歴書

実務者研修の教員の中でも、介護過程Ⅲや医療的ケアを担当する教員には、資格取得後5年以上の実務経験が求められます。

教員予定者には、介護福祉士や看護師の「資格証」を提示してもらったり、実務経験がわかる「経歴書」をお預かりする必要があります。

そこで、こんな疑問が出てきませんか?

施設等の発行する「実務経験証明書」が必要になるのではないか? と。

結論から申し上げると、この実務経験証明書は不要です。

あくまで、教員予定者の「経歴書」で5年以上実務経験があるということがわかれば問題ありません。

もちろん、「実務経験証明書」を提出してもらった方がより確実ですが、少なくとも、実務者研修の添付書類として提出することまでは求められていません

本人の自己申告、法人の申請書の記載を信じて、「教員調書」や「資格証」で5年以上の実務経験があるかどうかを判断します。

資格取得後5年以上の実務経験があるかどうかは非常に重要なポイントですので、証明書を出す必要がないからといってあいまいにせず、きちんとした形で確認されることをおすすめします。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ